2010年01月19日

別府のアパートで火災、住宅など10棟以上焼く(読売新聞)

 13日午後10時15分頃、大分県別府市光町の住宅密集地にある「松岡アパート」(木造2階建て)の周辺から出火、同アパートや近隣の木造2階建て住宅など10棟以上を焼き、14日午前0時半頃、火勢は鎮圧状態になった。

 別府市消防本部には、1人の行方がわからなくなっているとの情報が寄せられており、確認を急いでいる。

 全焼した松岡アパートに住む女性(45)は「隣にある別の棟の1階廊下辺りから火が出ていたので、その棟のドアをたたきながら歩き、火事を知らせた。119番した後、火は風にあおられて、自分の棟にも燃え広がった。姿が見えない住民が1人いる」と不安そうに話した。

 別府市は、近くの公民館を避難場所に指定し、焼け出された住民らが避難した。現場は、JR日豊線・別府駅から南へ約500メートル。大分地方気象台は13日、別府市などに風雪注意報を出していた。

出納責任者に懲役1年6月求刑=民主後藤氏陣営の選挙違反事件−熊本地裁(時事通信)
【くにのあとさき】東京特派員・湯浅博 「党益」が「国益」に優先とは(産経新聞)
「首相、小沢氏と一蓮托生まずい」7奉行が会合(読売新聞)
新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど(医療介護CBニュース)
マイレージは保護、優待券も有効=ツアーは通常通り−日航更生法申請(時事通信)
posted by オオスギ フジオ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドネシア人看護師候補者らの受け入れ条件改善を提言(医療介護CBニュース)

 日・インドネシアの経済連携協定(EPA)に基づいて来日するインドネシア人看護師・介護福祉士候補者の支援を目的とした市民ボランティア団体「ガルーダ・サポーターズ」は1月14日、厚生労働省内で記者会見を開き、厚労省や外務省など5省庁に対し、受け入れシステムの改善を求める提言書を提出したと発表した。提言書では、日本語教育の期間を延長した上でその到達度を確認する必要性を指摘したほか、既に来日している候補者については、一定の条件下で在留期間の延長を認めることなどを求めている。

 富永さとる共同代表は会見で、「現行の受け入れシステムには無理がある」と指摘。問題点として、▽実務研修開始前の日本語教育期間が短い(現行は計6か月)▽日本語の指導は基本的に受け入れ施設側に任されており、公的な学習支援の仕組みがない▽看護師候補者は3年以内(受験機会3回)、介護福祉士候補者は4年以内(同1回)に国家試験に合格できなければ帰国しなければならないため、多額の費用を投じて候補者を受け入れた施設側のリスクが極めて大きい-の3点を示した。

 それらを踏まえ提言書では、(1)新たな受け入れシステムの創設(2)現行の受け入れシステムの改善(3)既に来日している候補者への配慮-について提言した。
 (1)では、候補者対象をインドネシアの高等学校卒業者に広げることを提案。候補者は現地と日本で計18か月の日本語教育を受け、日本語能力試験2級合格レベルを目標とする。その後、看護師候補者は日本の看護系大学・短大または養成学校を、介護福祉士候補者は福祉系大学・短大または養成学校を受験し、留学生として受け入れられるとした。
 (2)では、現行のシステムを基礎として、(1)と同様に日本語教育期間を計18か月に延長するとした。また、来日前に日本語能力試験3級に合格することや、国家試験に不合格の場合でも、候補者と受け入れ施設が在留期間の延長を希望すれば、通算6年間まで延長可能とすることなどを提案した。
 (3)では、定められた期間で候補者が国家試験に合格できる可能性は極めて限定的であるとして、国家試験に不合格となっても、学習の成果が日本語能力試験などの「客観的指標」で確認され、候補者と受け入れ施設が希望すれば、1年ごとに在留期間の延長を認めるよう要望。また、候補者に認められる実務研修期間の上限を通算6年間とし、看護師候補者は6回、介護福祉士候補者は3回まで受験の機会を得られるよう求めた。このほか、政府の費用負担による日本語教育の支援や、国家試験の試験時間延長などの必要性を指摘した。


【関連記事】
EPAでの看護師など受け入れでWG設置へ−四病協
来年度の看護師・介護士候補生受け入れで説明会
昨年に続き外国人看護師候補者ら来日
「階層」のない外国人受け入れのために
インドネシア人看護師の受け入れ先を支援−厚労省が検討

日航株、ストップ安で終了=37円、大量の売り注文残す(時事通信)
<訃報>西岡義一さん87歳=洋画家、日展参与(毎日新聞)
民主党の権力「小沢集中」を否定…菅副総理(読売新聞)
<大雪>新潟県内で1日に100センチ(毎日新聞)
トキ、石川にも愛の巣…佐渡から引っ越し(読売新聞)
posted by オオスギ フジオ at 00:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

柳楽優弥さん 豊田エリーさんと挙式(毎日新聞)

 俳優の柳楽(やぎら)優弥さん(19)とタレントの豊田エリーさん(21)が15日、東京都内で挙式した。柳楽さんの所属事務所が明らかにした。柳楽さんは04年、映画「誰も知らない」で史上最年少のカンヌ国際映画祭男優賞を受賞している。

【関連ニュース】
新成人:IMALU、穂のから2世続々 南明奈、溝端、柳楽… 三浦皇成、エア圭も
佐藤江梨子:柳楽優弥を「勝新さんみたいになる」と絶賛 映画「すべては海になる」完成披露
映画インタビュー:「戦慄迷宮3D」主演の柳楽優弥さんと清水崇監督に聞く「美しく切ないホラー」
前田愛:勘太郎との結婚直前、祝福には「もういいです…」と照れ笑い 映画「戦慄迷宮」舞台あいさつ
佐藤江梨子:柳楽優弥を「勝新さんにみたいになる」と絶賛 映画「すべては海になる」完成披露

宇宙飛行士の若田さん、非行防止ポスターに登場(産経新聞)
<山岡国対委員長>外国人参政権付与法案の成立に意欲示す(毎日新聞)
年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず−加速器で品種改良・理研など(時事通信)
亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」(産経新聞)
介護職員処遇改善交付金の申請率は80%に―厚労省(医療介護CBニュース)
posted by オオスギ フジオ at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。