2010年01月08日

草津線全線開通120周年で記念駅弁=滋賀〔地域〕(時事通信)

 JR草津線全線開通120周年を迎えるに当たり、滋賀県や沿線の市町などで構成する県草津線複線化促進期成同盟会が「記念駅弁」の販売を企画した。「草津のうばがもち」や「水口のかんぴょう」など沿線の特産品をふんだんに取り入れた。
 滋賀県の草津駅から三重県の柘植駅までを結ぶ草津線は、今年2月に全線開通120周年を迎える。記念駅弁は同月から草津駅構内で販売される。駅弁では、土山のお茶や甲賀のかぼちゃ、甲西石部の里芋など地元産の食材を生かした味が楽しめる。価格は840円。
 このほか、120周年を記念した「記念列車」の運行や「沿線の歴史パネル展」などさまざまな企画が沿線沿いで催される。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕カピバラ温泉で癒やされて=埼玉
〔地域の情報〕「雪との闘い」を展示=さいたま・鉄道博物館
〔地域の情報〕桑の葉パンが誕生=群馬
〔地域の情報〕三好町が「みよし市」に=愛知
〔地域の情報〕新名物は「さんふり汁」=青森

ただおのブログ
y2hofnosのブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
ショッピング枠現金化
ライブチャット
posted by オオスギ フジオ at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人口が3年連続自然減、減少幅は戦後最大(読売新聞)

 厚生労働省がまとめた2009年の人口動態統計年間推計によると、日本人の死亡数は出生数を7万5000人上回り、3年連続の自然減となった。

 減少幅は戦後最大で、人口減のペースは加速している。

 09年の死亡数は114万4000人(前年比2000人増)、出生数は106万9000人(同2万2000人減)で、減少幅は前年より2万4000人拡大した。日本の人口は05年に戦後初めて自然減となり、06年は第2次ベビーブーム世代の出産増などで自然増となったが、07年以降は再び減少している。

 女性が生涯に産む子どもの数の推計値である09年の合計特殊出生率は、前年の1・37と同程度となる見通しで、同省は「今後も人口減の幅は拡大する」とみている。

よつばのクローバー
My First JUGEM!
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
出会いランキング
ショッピング枠現金化
posted by オオスギ フジオ at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。