2010年02月01日

「現地の人の痛み軽減できた」=緊急援助隊医療チームが帰国−ハイチ地震(時事通信)

 ハイチ地震の被災者に対する医療活動を行った政府派遣の国際緊急援助隊医療チームのメンバーら計26人が29日午後、成田空港に帰国した。団長の二石昌人外務省中東アフリカ局中東第1課地域調整官は「誠心誠意、医療活動に当たった。活動を通じて、現地の人の苦しみ、痛み、悲しみを少しは軽減できた」と話した。
 医療チームは16日に日本を出発し、17日にハイチの首都ポルトープランス西方のレオガン市入り。18日から8日間にわたり現地の看護学校を拠点に活動した。診療患者は延べ534人で、うち骨折などの外傷患者が65%を占めたという。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔用語解説〕「国連ハイチ安定化派遣団」
ハイチPKO、2月上旬に派遣=部隊規模は350人
車内から「重傷者」救出=災害救助犬の実践訓練

2次補正、25日に衆院通過へ=採決で合意−予算委理事会(時事通信)
小学英語、楽しさ大切に=「無免許」授業に不安も−教研集会(時事通信)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
<地震>「東南海」「三河」の実態 岩手の研究者が本に(毎日新聞)
農家男性に婚活の場、合コン毎月開催へ(読売新聞)
posted by オオスギ フジオ at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。