2010年04月13日

首相、「たちあがれ日本」の党名を論評せず(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は8日午前、平沼赳夫元経済産業相らが結成する新党「たちあがれ日本」について、「それぞれ国会議員として、あるいは政治家としてこの国を思う気持ちの中から行動されていると思う。信念を持って行動されるべきだ」と述べた。

 党名や、参加議員の平均年齢が70歳近いことに関しては「ネーミングやお年のことで申し上げるものは何もない」とコメントを避けた。首相公邸前で記者団に答えた。

【関連記事】
平沼新党の党名は「たちあがれ日本」
新党を「立ち枯れ?」 渡辺喜美氏がチクリ
「たちあがれ日本」に「立ち上がれり切れるかな?」 民主・平田氏
渡部恒三氏、自民党は「家出老人の続出だ」
舛添氏“自民乗っ取り”へ5月決起も、党内では不人気!?

石原知事、参院選出馬「ありません。あり得ません」(産経新聞)
「沖縄」密約開示命令、西山さん「超完全勝利」(読売新聞)
<自民党>田野瀬総務会長が与謝野元財務相を批判(毎日新聞)
バスの中で仮眠…運転手、寝過ごし3便運休(読売新聞)
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割−看護師意識調査(医療介護CBニュース)
posted by オオスギ フジオ at 03:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。